4スタンス理論でケガをしない身体の使い方をマスターして楽しいゴルフ!強いゴルフ!

毎月恒例になった博多阪急三でのコトコトステージ(無料ワンポイントレッスン会)を開催しました。
博多阪急さんの6Fゴルフ用品売り場に特設エリアを設けてのミニレッスン会です。予定は30分なんですけどいつも時間オーバー、今日も1時間やってしまいました。最近認知度が上がってきたのか時間前から数名の方が待って頂いている状況でした。最終的には約2~30名の方が集まっていたようです。
今日は先日行われたVanaH KBCオーガスタトーナメントの話→質問を受付、それに応えていくという展開でした。
今回の質問は、シニアの方から歳をとってきたので飛距離が落ちてしまったので何とか飛距離を取り戻したいという内容でした。
人は歳をとれば誰でも身体の柔軟性は落ちてきますし、パワーもなくなってきます。これはどうしようもないことです。しかしながら自分の身体の特徴を再確認して、その特徴を生かした身体の使い方をすることで柔軟性は上がりますし、飛距離の定価も最小限に抑えることが可能です。

自分の特徴を知ってその特徴を知る、これこそレッシュ理論(4スタンス理論)です。人の身体は安定して立った状態をとると重心は土踏まずに集まります。またその重心の位置が、土踏まずの中でもやや前よりの人(Aタイプ)とかかとよりの人(Bタイプ)がいます。またそれぞれ内側に集まる人(1タイプ)と外側(2タイプ)に分かれ、これらの組合せにより4タイプの特性が出て来ます。

タイプ別の特徴や動きのイメージを日常生活や他のスポーツなどでの動きを交え説明させて頂きました。皆さん目を丸くしながら、そしてうんうんとうなずいて聴いておられます。良く見ると他の売り場のスタッフも仕事そっちのけで見ています。(笑)

このあとはお決まりのタイプチェック大会。イベントが終わった後も一人一人しっかりタイプチェックさせて頂きました。

いろんなスポーツを行う上で、基本が4スタンス理論です。それを理解した上でそれぞれの種目の技術をマスターしていくことが大事なんです。建物を建てるときの造成と基礎工事、これが4スタンス理論。ここがしっかりできれば、その上に立てる建物はご自由にどうぞ!あなたの好きな外観や間取りで建ててください。

こんな感じです。

来月の博多阪急レッスン会は主瀬を飛び出して、10月29日芥屋ゴルフ倶楽部でのラウンドレッスン会です。募集人数は8名ですが空きはあと1名みたいです。お尋ねは博多阪急のゴルフ売り場までお願い致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です